そば処 愛知家 | さいたま市 南区:愛知家の50品目の仕出し弁当の宅配・配達

そば処 愛知家 | さいたま市 南区

048-866-2727

【平日】11:30~14:00 / 17:00~22:30 (L.O. 22:00)
【土日祝】11:00~22:30 (L.O. 22:00)


2014/06/16 女流そば打ちにとって必須条件とは


おはようございます。

愛知家のおかみ坪内直美です。

 

本日はお休みをいただいております。

お休みありがとうございます。

 

毎週月曜日定休日、6月のお休み

16(月)23(月)30(月)

 

女流そば打ちを目指すと宣言しておりましたが

師匠(夫)から破門されておりました。

(言う事をまったく聞かないので・・)

soba

 

が・・今週末の21日夫が愛知に日帰で帰省することになり

そばとおつゆは作って行くそうですが

(任せる気はないようです)

釜の前、そばやうどんを茹でるのは

おかみの仕事ということになります。

 

そこで一日釜場を担当しました。

これまでも、夫が配達に行っているときなど

ほんの短時間、釜の前に立つことはあるのですが

一日は初めてです。

 

と、張り切ってみたものの

半日でリタイア・・

え~とですね。そばというのは大きな釜の熱湯で

そばを茹でて素早く冷水機の中で冷やします。

水って重たい・・

 

熱湯の中のそばをくみ上げ、冷水にそばを冷やして

また引き上げる。背中とくに肩甲骨の辺りを使います。

女流そば打ちにとって必要なものは

 

食材を吟味する目でもなく

つゆの味を確かめる舌でもなく

筋力でした。

 

女性のそば打ちが少ないのも納得しました。

 

今週の土曜日までに筋トレに励みたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

とは言っても、今日は朝からゴロゴロしています。

ちょっとオーバーに言えば晩ごはん作ってくれるのでは

ないかと。